スポンサーサイト

  • 2015.07.13 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    通信95 メンバー全員が驚いた

    • 2015.02.14 Saturday
    • 19:11


    昨年7月頃のことですが
    メンバー全員が驚いたことがありました
    それは
    メンバーのNさんのことです
    勿論、本人も驚きました
    がんの告知を受けて
    入院
    手術
    抗がん剤治療
    をしました
    手術で卵巣・子宮全てを切除した
    と、聞いていました
    本人もそう思っていました
    それが
    昨年5年目にして子宮は残していることを
    初めて知ったのです!
    全員で驚きました!
    驚いた後は大笑いです
    5年も本当のことを知らなかったのです
    笑わずにおれません(笑)

    そういえばNさんは手術前に
    「大腸もとらなあかんねん、手術の後はここに袋、付けるんやって」と
    お腹の辺りを触りながら言っていました
    でも術後にそのようになっている様子は無く私は?????でしたが
    本人はそんなことを言ったことすら覚えていない様子なので
    術後にそのことは話しませんでした

    そして昨年の驚きの事実を知った私は
    Nさんはがん告知を受けて精神的にナーバスになっているときに術前説明を聞き、
    ドクターが話す全てを自分のことだと思い込んだのだろうと思いました
    確かに術前説明でドクターはいろんな症状の話をされます
    そして万が一とか最悪の場合の話もされます
    その全てを自分のことだと思い込んだのでしょう
    そしてご主人が、悪くないなら子宮は切除しないことを
    希望したことは聞き逃したのでしょうね

    5年も本当のことを知らなかったのです
    でも告知のショックはそれほど大きいということです
    だから告知もその後のいろんな説明もなるべく家族や親しい人に
    付き添ってもらうことをおすすめします
    独りで聞くと間違えたことを思い込むかもしれません
    二人以上で聞いてできればメモもとりましょう
    独りで闘わないでたくさんの人を巻き込みましょう
    いろんな人の力を借りましょう
    病気になると人は弱くなります
    けれど自分の弱さを嘆くのではなく弱い自分を認めて大切にしましょう
    そして周囲の人のパワーをありがたく受けとりましょう
    闘病中の人の心がいつも元気で過ごせますように願っています

    それにしても私達、5年も本当のことを知らなかったのです
    なんて呑気で単純なんでしょう、笑えますね



     

    スポンサーサイト

    • 2015.07.13 Monday
    • 19:11
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM